シリーズ 科学技術×公共政策(2020年度冬) #2 日本の科学技術イノベーション政策:政策立案の実際

2021年1月7日(木)に、「公共圏における科学技術政策」に関する研究会(STiPS Handai研究会)を開催します。



シリーズ 科学技術×公共政策(2020年度冬)第2回のゲストは、スポーツ庁の新井知彦さんです。

日本の科学技術イノベーション政策、核融合等の国際プロジェクト、東日本大震災からの復興プロジェクト、大使館業務、スポーツ庁での国際業務など、ご自身の行政経験に照らして幅広くお話しいただきます。

*大阪大学COデザインセンターが開講する2020年度冬学期授業「科学技術と公共政策B」の一環として開催します。

■第74回STiPS Handai研究会
○題目:シリーズ科学技術×公共政策(2020年度冬) #2 日本の科学技術イノベーション政策:政策立案の実際
○ゲスト:新井 知彦 氏(スポーツ庁 国際課長)
○日時:2021年1月7日(木)15:10〜18:20
○場所:オンライン会議システム
 *事前申込をされた方には、メールで参加方法をお伝えします。
○対象:大阪大学の学生・教職員
 *全学部生・全研究科大学院学生を対象とした授業の一環として実施します。
 *この日は、履修登録者以外の方の参加も歓迎しますが、事前申込をお願いします。
○参加費:無料

○申込方法:
1)ウェブフォーム
申し込みフォーム(https://forms.gle/P7qsMi31SJUWKN9aA)から、必要事項を記入の上、送信をお願いします。
2)メール
以下の項目を明記の上、メールでstips-info[at]cscd.osaka-u.ac.jpまでお送りください([at]は@にしてください)。
・氏名(ふりがな)
・所属
・参加を希望する回の日付

申し込みいただいた方には、オンライン会議システムへの参加方法をメールにてお送りします。

ゲストプロフィール
1997年早稲田大学理工学部資源工学科卒業後、科学技術庁入庁。2004年米国ジョージ・ワシントン大学エリオット国際関係大学院修了。入省以来、文部科学省、内閣府にて科学技術・学術政策、評価、ライフサイエンス、核融合等に従事。また、東北大学にて東日本大震災からの復興事業(東北メディカル・メガバンク事業)のプロジェクト管理を担当。在英国大使館、在米国大使館出向時には、二国間協力、科学技術外交を担当。2020年8月より現職。

プログラム
1)はじめに
2)ゲストによる話題提供「日本の科学技術イノベーション政策:政策立案の実際」(90分)
3)質疑応答&ディスカッション(90分)


○申込先・問い合わせ先:stips-info[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]は@にしてください)
○主催:公共圏における科学技術・教育研究拠点
○共催:大阪大学COデザインセンター


シリーズ 科学技術×公共政策(2020年度冬)について

科学技術に関する公共政策の特徴を、具体例を通じて学ぶセミナーシリーズです。
2020年度冬は、全2回の開催を予定しています。
文系理系を問わず、さまざまな分野の方のご参加をお待ちしております。

シリーズ 科学技術×公共政策(2020年度冬)
#1 2020年12月17日(木)
 原子力政策をめぐる政治過程
 ゲスト:上川 龍之進 氏(大阪大学大学院法学研究科 教授)
#2 2021年1月7日(木)
 日本の科学技術イノベーション政策:政策立案の実際
 ゲスト:新井 知彦 氏(スポーツ庁 国際課長)

大阪大学COデザインセンターが開講する2020年度冬学期授業「科学技術と公共政策B」の一環として開催します。この日は、履修登録者以外の方の参加も歓迎します。