FONT SIZE :

【共催イベント】サイエンスカフェ@千里公民館「ゲームで生活習慣病を防ぐ!?」

2018年12月18日(火)、千里公民館において、サイエンスカフェ「ゲームで生活習慣病を防ぐ!? 〜みせたくない自分を“仮想の自分”でみせるコミュニケーション手法が持つ力〜」を開催しました。今回のサイエンスカフェは、千里公民館とSTiPS、大阪大学COデザインセンターが共同で開催しました。参加者は18人(大阪大学や豊中市の関係者を除く)で、千里公民館の近くにお住まいの方だけでなく、豊中市外から足を運んでくださった方もいました。



この日は、上田 昌文さん(NPO法人市民科学研究室 代表理事)をゲストとしてお招きし、市民科学研究室が開発した生活習慣病対策ゲーム「ネゴバト」を実際に体験してみました。
このゲームは、日々の生活でおこる「なかなか運動できない」「付き合いで断りにくい飲み会のお誘い」「甘いものやお菓子を食べ過ぎてしまう」など、生活習慣病に関わるさまざまな誘惑にどう対処するのかを、誘惑される側と誘惑する側にわかれて対戦(対話)していきます。対話のなかで他の人がどのようなジレンマを感じ、どう対応しているのかを聞きながら、自身の状況を考えることができます。



ゲームに慣れてくるにつれて、グループ内でのやりとりは盛り上がっていきました。とくに実際の経験や習慣にもとづいた誘惑が語られはじめると、「なるほど。そういう理由もあるのか」「そういう状況だったら断れないかも」など、考えがゆらぐ人も出てきます。

ゲームが一通り終了したところで、上田さんからゲームの中のしかけや意図などが紹介されると、参加者からは「この結果をみると、たしかに自分は付き合いを優先させて不健康な選択をしているかも」といった声や、「他の人の健康に関する習慣や考え方を聞けたのが参考になった」、「新入社員ではない年代を想定した質問があっても面白そう」などの感想があがりました。


サイエンスカフェ終了後の感想としては、「参加型、実体験、擬似体験型がおもしろい」「ゲームで思考や習慣に気づくのがおもしろい」「町内の集まりで使えそう」「これまで他人と健康習慣について話したことがなかったので話すきっかけに使えないかと思う」などがありました。

次回「ようこそiPS細胞の世界へ!─『幹細胞かるた』で考えてみよう」は、年明けすぐ1月8日(火)の開催です。


【案内文】
STiPSは下記イベントを共催します。

サイエンスカフェ@千里公民館
ゲームで生活習慣病を防ぐ!? 〜みせたくない自分を“仮想の自分”でみせるコミュニケーション手法が持つ力〜



Flyer_181218

酒の常飲、間食や偏食や過食、夜更かし、運動不足……
生活習慣病のリスクの多くは、改めることが大事だと「(頭では)わかっちゃいるけど、(身体では)やめられない」日々の行為に関係します。

このジレンマの因って来るところを自分に即して自分で捉えない限り、
医療者らからの指導やTVや雑誌の有用な情報も、自分を素通りしていきます。

今回のカフェでは市民科学研究室が開発した生活習慣病対策ゲーム「ネゴバト」を体験し、
この「頭」と「身体」の乖離を埋めるコミュニケーションの手法について考えます。

講師:上田 昌文(NPO法人市民科学研究室 代表理事)
進行:八木 絵香(大阪大学COデザインセンター 准教授)

○日時:2018年12月18日(火)10時〜12時(受付開始 9時45分)
○場所:千里公民館 第1講座室(千里文化センター「コラボ」内)
○定員:50人程度(事前申し込み制・先着順)
○参加費:無料
○対象:どなたでも(子ども同伴可)

○申込開始日:2018年12月3日(月)10時開始

○申込方法:以下のいずれかの方法でお申し込みください。
1)豊中市立千里公民館に電話する。
06-6833-8090
2)豊中市立千里公民館の窓口で直接申し込む。
豊中市新千里東町1-2-2
3)大阪大学のスタッフ宛にメールを送る。
stips-info[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]は@にして下さい)まで、参加を希望される方のお名前をお送りください。

○保育について:保育を希望される場合は、別途申し込みが必要です。
(保育希望申し込みの締め切りは、12月7日(金)です。)
(保育の対象は、1歳から就学前のお子さまで、1人200円です。)

○主催:豊中市立千里公民館
○共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)、大阪大学COデザインセンター