FONT SIZE :

【共催イベント】サイエンスカフェ@千里公民館「ようこそiPS細胞の世界へ!─『幹細胞かるた』で考えてみよう」

2019年1月8日(火)、千里公民館において、サイエンスカフェ「ようこそiPS細胞の世界へ!─『幹細胞かるた』で考えてみよう」を開催しました。今回のサイエンスカフェは、千里公民館とSTiPS、大阪大学COデザインセンターが共同で開催しました。参加者は35人(大阪大学や豊中市の関係者を除く)で、お子さんと一緒に参加してくださった方もいらっしゃいました。



この日は、和田濵裕之さん(京都大学iPS細胞研究所(CiRA)国際広報室 特定研究員)と、川上雅弘さん(奈良先端科学技術大学院大学 教育推進機構 特任准教授)をゲストとしてお招きしました。前半は京都大学iPS細胞研究所がつくった「幹細胞かるた」を楽しみ、後半はかるたに登場した言葉などを手がかりにしながら、幹細胞や未来の医療について理解を深める時間でした。

かるた遊びが始まると、子どもだけでなく大人も思わず真剣になって札を探していました。札を取りながら、イラストや札に書かれた文字について「何の絵なのかな?」「どういう意味なんだろう?」など、わいわいと話し合うグループもありました。




かるた遊びが一通り終わったところで、グループごとに絵札や読み札の中から「このトピックについてもっと聞きたい」「なんだか気になる」という札を1-2枚選んでもらいました。この札を手にしながら、ゲストへの質問が始まります。6才の参加者からの「iPS細胞、ES細胞って何ですか?」というストレートな質問も。ひとつ質問が出ると、「じゃあ、これはどうなの?」と別のところから声があがるなど、iPS細胞へのみなさんの関心の高さがうかがえました。

iPS細胞についてだけではなく、科学技術の発展とその先に続く社会のこと、新しい科学技術との向き合い方にかかわる話題なども出ていました。


 
サイエンスカフェ終了後の感想としては、「かるたでやってみると、言葉の難しさとは裏腹に身近に感じられました」「iPS細胞は、まだまだこれから研究が始まっていくものだということが分かった」「人間の寿命と倫理の兼ね合いが印象に残った」などがありました。


【案内文】
STiPSは下記イベントを共催します。

サイエンスカフェ@千里公民館
ようこそiPS細胞の世界へ!─『幹細胞かるた』で考えてみよう



Flyer_190108

最近、ニュースなどでもiPS細胞、再生医療などの言葉を目にすることが多くなりました。
でも実際のところ、「iPS細胞って何?」「再生医療とはどんなもの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

京都大学iPS細胞研究所がつくった「幹細胞かるた」を楽しみながら、
iPS細胞や幹細胞の世界をのぞいてみませんか?
細胞を全く知らない小学生でも楽しめるのだそうです!

未来の医療や、それを支える最先端の幹細胞研究などについても、
みんなでわいわいと考えてみましょう。

講師:和田濵 裕之(京都大学iPS細胞研究所(CiRA)国際広報室 特定研究員)
   川上 雅弘(奈良先端科学技術大学院大学 教育推進機構 特任准教授)
進行:八木 絵香(大阪大学COデザインセンター 准教授)

※2018年9月に台風で中止になったものと同内容です

○日時:2019年1月8日(火)10時〜12時(受付開始 9時45分)
○場所:千里公民館 第1講座室(千里文化センター「コラボ」内)
○定員:50人程度(事前申し込み制・先着順)
○参加費:無料
○対象:どなたでも(子ども同伴可)

○申込開始日:2018年12月10日(月)10時開始

○申込方法:以下のいずれかの方法でお申し込みください。
1)豊中市立千里公民館に電話する。
06-6833-8090
2)豊中市立千里公民館の窓口で直接申し込む。
豊中市新千里東町1-2-2
3)大阪大学のスタッフ宛にメールを送る。
stips-info[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]は@にして下さい)までお送りください。

○保育について:保育を希望される場合は、別途申し込みが必要です。
(保育希望申し込みの締め切りは、12月14日(金)です。)
(保育の対象は、1歳から就学前のお子さまで、1人200円です。)

○主催:豊中市立千里公民館
○共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)、大阪大学COデザインセンター