FONT SIZE :
成果物

【共催イベント】サイエンスカフェ@千里公民館「一歩先の未来をみんなで考える:新しいテクノロジーとの付き合い方」

 2017年9月5日(火)、千里公民館において、サイエンスカフェを開催しました。参加者は、千里公民館の近くにお住まいの方など9人(大阪大学や豊中市の関係者を除く)でした。



 千里公民館では、平成24(2012)年度以降、様々なテーマのサイエンスカフェが開催されてきました。今回、第13回目(9月5日開催)と第14回目(10月3日開催予定)は、STiPSも一緒に開催させていただくことになりました。

 第13回と第14回の2回のサイエンスカフェは、共通テーマを設けています。それは「ミライをつくる情報技術」。

 第13回「一歩先の未来をみんなで考える:新しいテクノロジーとの付き合い方」は、参加者のみなさん同士で、いろいろな意見を出していただくという回。八木絵香准教授(大阪大学COデザインセンター)、水町衣里特任助教(大阪大学COデザインセンター)が進行役を務めました。



 この日は、ちょっと変わった自己紹介から始めてみました。
「サイエンスってどんな色だと思いますか?」
この問いに答えてもらいつつ、お名前も伺いました。

 今回のテーマ、顔認証技術を説明する時に使ったのは、顔認証技術についてストーリー仕立ててで説明されている絵本形式の資料(*昨年度からSTiPSが開発してきた対話のための補助ツールです。他にもいろんなテーマのものがあります)です。この資料に八木准教授が補足説明を加えつつ、みなさんへに問いかけました。
「この技術、どんないいことがあると思う?」
「逆に、どんな不安があると思う?」



 テーブルごとに、付箋にメリットとデメリットを書き出し、それをA4の紙にまとめながら、話を深めていきました。

 サイエンスカフェ終了後、参加者のみなさんからは、こんな感想が寄せられました。
「『テーマに対して各個人が考える』という形式が良かったと思います。」
「モノゴトをいろんな視点でみられるということ、柔軟な考えが必要であるということが印象に残った。」

 次回、第14回「新しいテクノロジーのルールをつくる:安全と安心はどう確保されているのか」は、今回の議論を踏まえつつ、岸本充生教授(大阪大学データビリティフロンティア機構)がいろいろな事例を紹介します。


【案内文】
STiPSは下記イベントを共催します。

サイエンスカフェ@千里公民館「一歩先の未来をみんなで考える:新しいテクノロジーとの付き合い方」

科学のアレコレをお題に、一歩先の未来をみんなで考えてみませんか?


sciencecafe1709_10_omote
sciencecafe1709_10_ura

ちょっと先の未来を想像してみましょう。
顔の特徴から個人を特定する技術、顔認証技術が進んでいます。いまでも、すでに個人識別率は99.99%!
そっくりな双子さんたちでも、機械にはどちらがどちらか分かるそうです。
そんな顔認証技術が、いろんなところに設置されている防犯カメラに組み込まれたら??
とっても便利になるかもしれないし、その逆もあるかもしれません。
この技術、どう使ったら住みやすい社会になるのでしょう?

一緒に考えてみませんか?

進行:八木絵香(大阪大学COデザインセンター 准教授)、水町衣里(大阪大学COデザインセンター 特任助教)

○日時:2017年9月5日(火)10時〜11時30分(受付開始 9時45分)
○場所:千里公民館 第3講座室(千里文化センター「コラボ」内)
○定員:20人程度(事前申し込み制・先着順)
○参加費:無料
○対象:どなたでも

○申込開始日:2017年8月22日(火)10時開始
○申込方法:以下のいずれかの方法でお申し込みください。
1)豊中市立千里公民館に電話する。
 06-6833-8090
2)豊中市立千里公民館の窓口で直接申し込む。
 豊中市新千里東町1-2-2
3)大阪大学のスタッフ宛にメールを送る。
 stips-info[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]は@にして下さい)までお送りください。

○保育について:保育を希望される場合は、別途申し込みが必要です。
 (保育希望申し込みの締め切りは、8月31日(木)です。)
 (保育の対象は、1歳から就学前のお子さまで、1人200円です。)

○主催:豊中市立千里公民館
○共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)

○その他:次回のサイエンスカフェは、10月3日(火曜日)10:00〜11:30に開催予定です。