FONT SIZE :

【イベント(京都大学)】WPI-iCeMS & SMI & NEXT 合同シンポジウム 「統合的イノベーション・マネジメント:幹細胞技術の学際・国際・産業展開の方策」

11月21日(木)午後に、京都大学百周年時計台記念館 大ホールにて、WPI-iCeMS & SMI & NEXT 合同シンポジウムが開催されることとなりました。ご関心のある方はふるってご参加ください。

WPI-iCeMS & SMI & NEXT 合同シンポジウム
 「統合的イノベーション・マネジメント:幹細胞技術の学際・国際・産業展開の方策」

幹細胞(stem cell)は、自己複製を可能とする「未分化能」と、様々な種類の細胞に分化する「多分化能」の両方の性質を兼ねそなえた細胞であり、医薬・医療をはじめとする産業分野での展開が期待されています。一方、その本体はヒトの生細胞であることから、従来の医薬・医療とは異なるとらえ方や対応が求められています。本シンポジウムでは、統合的イノベーション・マネジメント研究のコンセプト、幹細胞分野における学際・国際・産学連携によるイノベーションの取組みを紹介し、我が国の科学技術・イノベーション政策の視点からどのような産業生態系やビジネスモデル、そして社会システムを構築していくべきかを議論いたします。

 【日 時】 平成25年11月21日(木) 13:00~18:15
       (レセプション 18:00~20:00)
 【場 所】 京都大学百周年時計台記念館 大ホール
 【参加費】 無料(レセプション 3,000円)
 【対 象】 どなたでも参加できます(要事前申込)
 【主共催】 京都大学 物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)
       特定非営利活動法人 京都SMI
 【詳細・申込・問合せ】こちら