FONT SIZE :

【共催イベント】第10回学術政策セミナー −研究力を引き出すために−

STiPSは下記イベントを共催します。

第10回学術政策セミナー「大学職員の知恵と力を生かすしかけ」


Flyer_190301

 2004年の国立大学法人化以降、国立大学の状況は変化し続けています。このような中で、大学の研究力をゆたかにするためには、大学の構成員一人ひとりが何をすべきか、何ができるかを考え、知恵や力を生かすことが求められています。

 本セミナーでは、大学職員として研究環境構築や大学を支援する組織体制の改革を推進してきた事例紹介に基づき、大学の研究環境をゆたかにするために一人ひとりができることを考える機会を提供します。まず、【話題提供1】では、研究者活躍の推進に向けた取り組みに関して、事務の立場から行ってきた具体的な体験や課題を、大型研究拠点形成プロジェクト(WPI)支援の事例をもとに紹介していただきます。次に、【話題提供2】では、大学における研究力に対する捉え方の変化を、法人化以前から始まり最近の状況まで、大学本部の事務機構における業務を通した具体的な体験をまじえながら紹介いただき、さらに今後の指針をうかがいます。その後の全体討論では、それぞれの立場から議論を行います。

■プログラム:
・開会あいさつ
・話題提供1
「壁を乗り越える力ー外国人研究者天国を作るにはー」
小澤 みどり(東京大学国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構 副事務長)
・話題提供2
「研究力強化に不可欠なものー教職協働と挑戦する職員の力ー」
髙田 則明(大阪大学共創推進部長)
・全体討論
■日 時:2019年3月1日(金)14時-16時
■場 所:大阪大学吹田キャンパス 共創イノベーション棟2階 会議室
■言 語:日本語
■要事前申込
■対象:
 本セミナーは大阪大学の教職員を対象として企画しておりますが、他大学や官公庁等の皆様にもご参加いただけます。
 また、大阪大学職員研修としてもご参加いただけます。

詳細はこちら

主催:大阪大学経営企画オフィス研究支援部門
共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)