FONT SIZE :

シリーズ 科学技術×公共政策 #1 日本の原子力政策史 「公共圏における科学技術政策」に関する研究会(STiPS Handai研究会)(45)開催

2018年12月20日(木)に、大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構 ステューデント・コモンズにおいて、「公共圏における科学技術政策」に関する研究会(STiPS Handai研究会)を開催します。今回のゲストは、大阪大学大学院法学研究科の上川龍之進さんです。




■第45回STiPS Handai研究会
○題目:シリーズ 科学技術×公共政策 #1 日本の原子力政策史
○ゲスト:上川 龍之進 氏(大阪大学大学院法学研究科 教授)
○日時:2018年12月20日(木)14:40〜17:50(開場 14:30)
○場所:大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構
 ステューデントコモンズ2階 セミナー室C

○対象:どなたでも
 *全学部生・全研究科大学院学生を対象とした授業の一環として実施します。
 *この日は、学内、学外を問わず、履修登録者以外の方の参加も歓迎です。
○参加:当日参加も可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。
○申込方法:
ウェブフォームへの入力をお願いします。
または、
件名を「第45回STiPS Handai研究会・参加申込」として、以下の項目を明記の上、メールでお送りください。
・氏名(ふりがな)
・所属
○申込先・問い合わせ先:stips-info[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]は@にしてください)

○主催:公共圏における科学技術・教育研究拠点
○共催:大阪大学COデザインセンター


概要
シリーズ 科学技術×公共政策
科学技術に関する公共政策の特徴を、具体例を通じて学ぶシリーズです。
2018年冬は、全2回の開催を予定しています。
文系理系を問わず、さまざまな分野の方のご参加をお待ちしております。

シリーズ 科学技術×公共政策
#1 2018年12月20日(木)
 日本の原子力政策史
 ゲスト:上川龍之進 氏(大阪大学大学院法学研究科 教授)
#2 2019年1月10日(木)
 日本の科学技術イノベーション政策
 ゲスト:中澤恵太 氏(文部科学省 科学技術・学術政策局 企画評価課 政策科学推進室長・企画官)

第1回(12/20)のゲストは、大阪大学大学院法学研究科の上川龍之進さんです。
もともと、金融政策・金融行政に関するご研究が専門だった上川さん。
ところが、3.11後の福島第一原子力発電所の事故を受け、日本学術会議の東日本大震災学術調査をきっかけとして、原子力政策についての研究にも関わるようになったのだそうです。
昨年度に引き続き、2011年3月11日以降の政権の動きや、政策策定の流れについて、詳細な経緯をご紹介いただきます。

大阪大学COデザインセンターが開講する2018年度冬学期授業「科学技術と公共政策B」の一環として開催しますが、この日は、履修登録者以外の方の参加も歓迎します。

プログラム
1)はじめに
2)ゲストによる話題提供「日本の原子力政策史」(80分)
3)質疑応答&ディスカッション(80分)

ゲストプロフィール
京都大学法学部を卒業、京都大学大学院法学研究科博士後期課程を修了、博士(法学)を取得。日本学術振興会特別研究員、愛媛大学法文学部助手、講師を経て、現職。
専門は政治過程論。
主な著書に、『電力と政治』『日本銀行と政治――金融政策決定の軌跡』、『小泉改革の政治学――小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか』、『経済政策の政治学――90年代経済危機をもたらした「制度配置」の解明』など。