FONT SIZE :

シンポジウム「Australia-Japan Research : Liveability and Resilience – 日豪の科学技術外交:住みやすく、しなやかな社会の在り方を探る」(英/日同時通訳有り)

STiPSは、11月2日に、オーストラリア国立大学 他と共同で、シンポジウムを開催します。
住みやすさとしなやかさを併せ持つ社会の共創に向けて、日豪の科学技術外交が担う役割について議論します。

※ 言語:英語(日本語同時通訳有り)


Flyer_181102(PDF:1MB)


「Science & Technology Diplomacy and Responsible Research & Innovation for Liveability and Resilience」
開催概要


日時:2018年11月2日(金)13:00-17:00
Date:Friday 2nd November 2018, 1pm-5pm

会場:Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ)
Venue:Osaka Innovation Hub, Osaka, Japan

主催:オーストラリア国立大学、豪日交流基金、オーストラリア大使館、大阪大学COデザインセンター、公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)
Hosted by : the Australian National University; the Australia-Japan Foundation; the Australian Embassy Japan; Osaka University Center for the Study of Co*Design; and Program for Education and Research on Science and Technology in Public Sphere (STiPS)

共催:Osaka Innovation Hub(大阪イノベーションハブ(大阪市))
Co-hosted by : Osaka Innovation Hub (City of Osaka)

どなたでもご参加いただけますが、お申し込みが必要です。
お申し込み方法、プログラムの詳細は上のチラシまたは こちら をご参照ください。

※使用言語:日本語・英語(同時通訳有り)