FONT SIZE :
成果物

【共催イベント】第8回学術政策セミナー −大学のこれからを考える−

STiPSは下記イベントを共催します。

第8回学術政策セミナー「研究を支える多様な仕掛け」


Flyer_171026

 昨今、研究を支える仕組みが多様化しつつあります。基礎的な研究に取り組むためには科研費をはじめとした国の競争的資金はとても大切な資金源ではありますが、研究分野によって、或いは、研究のアプローチによっては、他の資金源を活用することができるかもしれません。一方、研究の振興には将来の研究を担う若手研究者の育成が欠かせません。

 本セミナーでは、話題提供1において大学が、クラウドファンディングやクラウドソーシング等を利用しながら研究を支える仕組みづくりをしている事例を紹介していただきます。次に話題提供2では、基礎研究の研究者でありながら、ベンチャー企業を立ち上げ、得られた資金をもとに、広く若手を支援する財団を立ち上げられた事例をうかがいます。

 その後の全体討論では、大学が社会のステークホルダーの協力を得て研究に取り組むために望ましい、「研究を支える多様な仕掛け」についてそれぞれの立場から議論を行いたいと思います。

■プログラム:
 ・開会あいさつ:三成 賢次(大阪大学 大学経営総括理事・副学長)
 ・講演1:野地 澄晴 氏(徳島大学 学長)
 ・講演2:中辻 憲夫 氏(一般財団法人中辻創智社 代表理事)
 ・全体討論
■日 時:2017年10月26日(木)13時30分-15時30分
■場 所:大阪大学 吹田キャンパス サイバーメディアコモンズ(サイバーメディアセンター本館 1階)
■言 語:日本語
■要事前申込
■対象:
 本セミナーは大阪大学の教職員を対象として企画しておりますが、他大学や官公庁等の皆様にもご参加いただけます。
 また、大阪大学職員研修としてもご参加いただけます。

詳細はこちら

主催:大阪大学経営企画オフィスURA部門
共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)